ニュース

アロフトはTakingITGlobal.orgにセカンドライフのバーチャルランドを寄付します。 - 7月 23, 2007
世界規模のチャリティをバーチャルワールドで。

ニューヨーク州ホワイトプレーンズ – 2007年7月23日 – アロハ!  スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドInc.(NYSE:HOT)と期待を集める新しいライフスタイルブランド、アロフトホテルは、200ヶ国以上で100万人以上の若者が参加している国際組織、TakingITGlobal.orgにセカンドライフのアロフトランドを寄付する計画を本日発表しました。 テクノロジーの力を借りて若者がリードするTakingITGlobal.orgは、国際社会や地域のコミュニティの発展に関わることを世界中の人々に呼びかけています。

バーチャルワールドに3Dコンピューターによるバーチャルランドを所有した世界初のホテルブランド、アロフトは、2007年5月に、ブランドがバーチャルワールドから現実世界に移行することを記念して翌年のバーチャルランドの使用を寄付することを発表しました。 セカンドライフの住人から、バーチャルアロフト閉鎖後のバーチャルランドの利用法のアイデアを募ったところ、最終決断に至るまで、絶大な反響が寄せられました。 アロフトの島は今月末にTakingITGlobal.orgに移行されます。

アロフトブランドはセカンドライフで数多くのことを学びました。 この島での経験は、当社が素晴らしい宿泊施設を創りあげるのに活かされるでしょう」と、アロフトホテル ワールドワイド副社長、ブライアン・マックギネスは語っています。「そして、経験から学ぶだけでなく、コミュニティを教育し改善できる組織に島を寄付するのが、もっとも理にかなっていると考えました。 まさにそれを提案しているのがTakingITGlobal.org です。TakingITGlobal.org がこのチャンスを有効に活用してくれることを楽しみにしています」

「私たちはセカンドライフに非営利センターを作りたいと、かなり以前から考えていました。 アロフトがバーチャルランドを寄付すると聞いたとき、ぴったりの場所を見つけたと即座に思いました」と、TakingITGlobal.orgのテクノロジー ディレクター、マイケル・ファーダイクは語っています。 「アロフトが我々のコミュニティにこのチャンスを与えてくれたことを深く感謝し、アロフト ブランドと私たちの組織がともに成功することを願っています」

TakingITGlobal.orgは、セカンドライフ コミュニティへの正式加入後、バーチャルワールド参加記念の島のイベントシリーズを、この夏から定期的に開催する予定です。 島には、ミーティングスペースとして機能する円形劇場などがあるスペースと、セカンドライフの住人が地球社会の問題について学べる教育施設「未来の学校」の2つのスペースができます。 また、TakingITGlobal.orgは、現実世界の教師にも呼びかけ、増え続ける地球上の問題に生徒たちの目を向けられるよう島の情報を活用してもらう予定です。 TakingITGlobal.orgではボランティアグループにセカンドライフのプロジェクトとコンテンツを担当してもらい、12ヶ国語で利用できるようにします。

2006年9月にバーチャルワールドにオープンして以来、アロフトではパブリックスペースやゲストルームおよび外観における色調からスペースプランに至るまで、すべてのデザインについてセカンドライフの住人から積極的に意見を受け入れてきました。 全コメントを検討し、消費者のフィードバックを参考にして行った数々のデザイン上の変更が「現実世界」のアロフトホテルに反映されます。 ゲストルームのシャワーに設置したラジオ、「リミックス」ロビーに追加した椅子、パブリックエリアの壁に飾られる地元アーティストによるアート作品などが、その例です。

Wホテルのコンセプトを受け継いだアロフトは、都会的なセンスのデザイン、手軽に利用できるテクノロジー、洗練されたスタイルと親しみやすい雰囲気で、ホテル業界にセンセーションを巻き起こしています。2.7mの高い天井と超大型の窓が、明るくゆったりとした雰囲気を醸し出すゲストロフトルームを備えたアロフトは五感に働きかけるホテル体験を提供します。 ロフトルームの中心となるのは快適さを極めた特製ベッド。広々としてスタイリッシュなバスルームには大型ウォークイン シャワーやbliss®(ブリス)スパ製アメニティを完備しています。 各ゲストロフトは、ハイテクオフィスとエンターテインメントセンター機能を備え、ワイヤレス インターネット アクセスを完備。PDA、携帯電話、MP3プレーヤー、ラップトップなどの様々な電子機器すべてを、最高の映像と音響の大型フラットパネル ハイビジョンTVに1ヶ所で接続する「プラグ&プレイ」をご用意しています。

世界的に有名なデビッド・ロックウェルとロックウェル グループがデザインを手がけたアロフトは、Wの精神を引き継ぎ、お客様のソーシャルライフやネットワーク作りに貢献する居心地の良いパブリックスペースも備えています。 ゆっくり新聞を読んだり、ホテル全体に完備したワイヤレスインターネットアクセスを使ってラップトップで仕事をしたり、ビリヤードを楽しんだり、「リミックス」ロビーラウンジエリアや「w xyz」バーでご友人とグラスを傾けたり、思いのままにお過ごしいただけます。 ご旅行中のストレス解消や活力回復には「リチャージ」フィットネスセンターや屋内・屋外プールを備えた「スプラッシュ」をご利用ください。ご飲食エリアの「リフュエル バイ アロフト」では、お菓子やヘルシーな軽食、スナック、お飲み物のテイクアウトを毎日24時間ご用意しています。

アロフト第1号は世界各地で2008年にオープンを目指しています。アロフトに関する詳細はwww.alofthotels.comをご覧ください。

 

アロフトについて

Wホテルのコンセプトを受け継いだアロフトは、ロフト風のデザイン、手軽に利用できるテクノロジー、洗練された都会的な雰囲気が揃った画期的なホテルです。 スターウッドではアロフトホテル第1号を2008年にオープンし、2012年までには世界中に500ヶ所を目指しています。

 

スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドについて

スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドInc.は、世界95か国でおよそ850軒のホテルを展開する業界屈指のホテル&レジャー企業です。スターウッドが所有・管理するホテルおよびリゾートには、145,000人の従業員が勤務しています。  Starwood® Hotels(スターウッド ホテル)は、ホテルおよびリゾートの所有、管理、フランチャイズを担う完全統合企業です。これらの国際的に名高いブランドには、 St. Regis®(セント レジス)、The Luxury Collection®(ラグジュアリー コレクション)、Sheraton®(シェラトン)、Westin®(ウェスティン)、Four Points® by Sheraton(フォーポイント・バイ・シェラトン)、W®、Le Meridien®(ル メリディアン)、そして発表されたばかりのAloftSM(アロフト)とElementSM(エレメント)ホテルが含まれます。 スターウッド ホテルはまた、高級バケーション インターバルオーナーシップリゾートの開発および運営会社であるスターウッド バケーション オーナーシップInc.を所有しています。 詳しくは、www.starwoodhotels.comをご覧ください。

 

TakingITGlobal.orgについて

TakingITGlobal はテクノロジーの力を借りて若者がリードする国際組織です。 TakingITGlobal.orgは、世界中の若者に情報を発信し、国際社会や地域コミュニティの発展への貢献を呼びかけています。

カナダのトロントを拠点とし、世界中にその存在を広げているTakingITGlobal.orgのメインプログラムは、文化を超えた交流や改善に興味を持つ若者の間で最も人気の高いオンラインコミュニティであり、毎月何十万人もが訪れています。

TakingITGlobalは、国連のエージェンシーや主要企業、数々の青年組織など世界中のパートナーとともに、若者の開発能力やアートおよびメディアでの表現力、より効果的な教育を発達させ、若者が世界の意志決定に関わることを目指しています。 プログラムや組織についての詳細、参加方法をご覧ください。

 

(注: このプレスリリースには、米国証券取引法の範囲内の見通し情報と見なされる記述が含まれています。 見通し情報は未来の業績やイベントを保証するものではなく、見通し情報が記述された時点の予想と大きく異なる実際の結果やイベントを生じさせるリスクや不確実性、その他の要因を含んでいます。 これらのリスクや不確実性は証券取引委員会への当社の提出書類に詳細が記載されています。 当社では、これらの見通し情報による予想は、妥当な仮定に基づくものと確信していますが、予想の実現や実際の結果が予想と大きく異ならないことは保証できません。 新情報、その後のイベント等の結果に関わらず、見通し情報の更新や改定を公開する義務を当社は一切負いません。)

< プレスリリース
null
null

ご宿泊

日付

Calendar

チェックイン

チェックアウト

null
ベストレートギャランティー | ホテル一覧 アロフト | 旅行代理店様 | スターウッド開発グループ | ウェブサイトご利用規約 | プライバシーステートメント