リーダシップチーム

ロジャー・ベリー

上席副社長兼ブランド最高情報責任者

ロジャー・ベリーは上席副社長兼ブランド最高情報責任者&として2012年にスターウッドに入社しました。 当社の急速な世界的成長とブランド需要の高度化に対応するため、彼は技術戦略とポジショニングの主導を任されています。

前職では、ベリー氏はウォルトディズニーパークス&リゾートの上席副社長兼最高情報責任者を務めました。 2000年から2010年まで情報技術部門を指揮し、ディズニーリゾート5施設、ディズニークルーズライン、ディズニーバケーションクラブ、およびアドベンチャーバイディズニーの旅行事業における創造的な技術イニシアチブの責任者でした。 在職期間中、ベリー氏はマイケル・アイズナーの「デジタル時代」戦略を実現、実行し、ブランドレレバンスの回復や利用者の増加、収益の増加、効率性の追求に貢献しました。 彼は、『コンピューターワールド』の2002年度トップ最高情報責任者リストに選出され、「戦略家」として評価されました。

2000年より前は、ベリー氏はキャンベルスープ系列の会社で副社長兼最高情報責任者を務めました。 また、キャンベルスープだけではなく、スワンソンフローズンフードやペパリッジファーム、キャンベルズフードサービス、ゴディバ、アーノッツビスケットのあらゆる情報サービス活動を世界規模で指揮しました。

ベリー氏は、ヒューストン大学一流顧問委員会、ヒューレットパッカード技術諮問会議、およびフロリダ大学技術顧問委員会の役員を務めています。 彼は、ヒューストン大学を卒業し、数学の理学士号を取得しています。