リーダシップチーム

ジェフ・カバ

執行副社長兼最高人事責任者

ジェフ・M・カバは2008年5月、世界約100カ国で1,180軒のホテルを展開し、181,400人の従業員を擁する業界屈指のホテルおよびレジャー企業であるスターウッド ホテル&リゾート ワールドワイド株式会社の執行副社長兼最高人事責任者に就任しました。

30年以上にわたり大手ホテル企業や消費者を重視したグローバルなライフスタイル ブランドで培ってきたカバの実績は、スターウッドでも生かされています。 スターウッドでは、セントレジス、ラグジュアリー コレクション、Wホテル、ウェスティン、シェラトン、フォーポイントバイシェラトン、ルメリディアン、アロフト、エレメントをはじめ、スターウッド バケーション オーナーシップ株式会社など、すべてのブランドにおける国際人事および社内コミュニケーションを監督する責任を担います。

スターウッド ホテル&リゾートに入社する前は、複数の大手企業で執行人事の役職に就いていました。 ウェンディーズ インターンナショナル社では、執行副社長兼最高人事責任者として、業界初の消費者主導型健康戦略を成功に導きました。

2003年にウェンディーズに入社するまでは、ナイキ社の副社長兼最高人事責任者、ウォルト ディズニー カンパニー、コンシューマー プロダクツ グループの人事担当副社長、ITTシェラトン コーポレーションの国際雇用・研修・育成担当副社長などを歴任しています。

カバはサンディエゴ州立大学で、産業および組織心理学の理学修士号と心理学士号を取得しました。