リーダシップチーム

トーマス・クラーク博士

社長,
ナイキ社新規事業開発部門

ディレクター就任: 2008年
参加している委員会: 監査、給与およびオプション
現在役員を務めている他の上場企業: ニューウェルラバーメイド社

クラーク博士は、フットウェア、アパレル、アクセサリーのデザイン、開発、マーケティングを業務とするナイキ社の新規事業開発部門社長を、2001年から務めています。 クラーク博士は1980年にナイキに入社しました。 1987年にマーケティング部門担当副社長、1990年に企業副社長に任命され、1994年から2000年までは社長兼最高業務責任者を務めました。

クラーク博士は、これまで主にリサーチ、デザイン、開発、マーケティングの分野でナイキの様々な役職を経験しています。 クラーク博士はナイキ社の新規事業開発部門社長として得たブランド開発とマーケティングの有益な専門知識を携えて、取締役会に参加しています。 ナイキ社でさまざまな役職を務めたことにより、クラーク博士は企業の事業運営におけるマーケティングとブランディングに関する確固とした背景知識と見識を獲得しました。