リーダシップチーム

ホイト・H・ハーパーII

グロバールブランドリーダー部上席副社長-シェラトン・ホテル&リゾートグループ

ホイト・H・ハーパーIIは、スターウッド ホテル&リゾートのブランド管理部上席副社長を務めています。 この役職でハーパーは、スターウッドの最大かつ最もグローバルなブランドであるシェラトン・ホテル&リゾートの責任を担います。 ハーパーは、マーケティング、お客様の体験管理、製品開発、オーナー リレーションに関する業務を統率します。 業界のベテランであるハーパーは、旅行およびホテル業界で25年を超えるキャリアを積んできました。

現職の前には、上席副社長、ビジネス開発およびマーケティングプログラムの上席副社長を歴任。スターウッドの戦略アライアンスおよびパートナーシップの開発を率いるとともに、ロイヤルティーおよびメンバーシッププログラム、スポンサーシップ、プロモーションなどの開発にもかかわりました。 それ以前には、マーケティングプログラムの副社長として、スターウッド プリファード ゲストの開発に携わり、賞に輝くスターウッドのロイヤルティープログラムの創設を率いました。 また、旅行、クレジットカード、ビジネスサービス、レジャープログラム、消費者製品企業、スポンサーシップ、プロモーションなど、グローバルなマーケティングアライアンスの開発にも責任を持ち、アメリカン・エキスプレスとの共同クレジットカードブランド、PGAツアーとのスポンサーシップ締結にかかわりました。 スターウッドでの在職期間、ハーパーは、25を超える国際航空会社、マイクロソフト、ビング、コアフィットネス、アメリカン・エキスプレスなど、数多くのグローバルマーケティングアライアンスの結束を図ってきました。

ITTシェラトンで8年のキャリアを誇るハーパーは、マーケティングプログラムやパートナーマーケティング部で副社長兼ディレクターを歴任。 この期間には、マーケティングでITT最高の賞と評されるハロルド・S・ジェニーン賞を獲得しました。

ITTシェラトンに入社する前は、旅行業界で11年勤務。ライフコサービスの副社長兼総支配人、トロントを拠点とするトムソンバケーションズ社のマーケティング部副社長、ニューヨーク州ガーデンシティーにあるエイビスレンタカーのレジャーマーケティング部ディレクター、シカゴのトムソンバケーションズの運営ディレクターといった職に就いていました。

ウィスコンシン州のカルタゴカレッジを卒業したハーパーは、 2005年には、カルタゴの同窓生特別賞を受賞。 2006年7月には、評議委員として選出されました。

『ブラックエンタープライズ』誌が、ハーパーをアメリカ企業で最も有力なアフリカ系アメリカ人の1人に選んだほか、 2006年には、『ロッジング』誌が、フォーポイントバイシェラトン ブランドのリニューアルを成功させたとして、その年のホテル業界トップイノベーター賞を贈りました。

ハーパーは、コネチカット州スタンフォードの本社を拠点としています。