リーダシップチーム

クリスティー・ヒックス

スターウッドセールス組織上席副社長

クリスティー・ヒックスは、スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイド株式会社の上席副社長として、スターウッドの企業間セールス戦略を設定し、全社セールス組織をリードしています。 また、ヒックスはスターウッドの上級幹部チームの一員でもあります。

1999年にスターウッドに入社して以来、ヒックスは急成長期にあるセールス組織をリードし続けています。 スターウッドのセールスチームとその戦略を、アメリカの一企業からグローバルビジネスのものへと発展させてきたのはヒックスの業績です。

エネルギッシュなリーダーであるヒックスは、戦略的な顧客管理に沿って、スターウッドの営業文化を育て上げてきました。 ビジネスニーズと顧客ニーズのバランスを取る手腕は、スターウッドの企業間セールスの開発にも役立っています。 ヒックスはスターウッド ミーティング イノベーション プロジェクトの陣頭指揮を執り、パブリック テレプレゼンスルームを取り入れ、新しいミーティングチェアのデザインも生み出しました。 また、スターウッド全体のビジネス戦略の要となる戦略的な業務の数々にも頭角を現しています。

20年以上の経験をもつヒックスは業界組織にも積極的に参加しています。 プロフェッショナル コンベンション マネージメント協会基金(PCMA)評議員会で評議員長を務めたほか、米国団体役員協会(ASAE)の理事としても活躍しました。 その業界への貢献により、2005年PCMAプロフェッショナル アチーブメントアワードとNYSAE 2006年ビジョンアワードも受賞しています。 さらに、『フォーブス』誌の旅行業界の最も影響力のある女性25人の中に選ばれ、『ミーティング&コンベンション』誌のホスピタリティ業界のトップ25人にも挙げられています。

スターウッド入社前は、ヒックスはハイアットホテルの国内セールス担当副社長を務めていました。

ヒックスは、1981年にチューレーン大学を卒業し、理学士号を取得しました。