リーダシップチーム

フリッツ・ヴォン・パッシェン

社長兼最高経営責任者,
Starwood Hotels & Resorts Worldwide, Inc.

ディレクター就任: 2007年
現在役員を務めている他の上場企業: バークレーズ

ヴォン・パッシェンは、2007年9月より当社の社長兼最高経営責任者を務めています。 2005年3月から2007年9月まで、ミラーブリューイング社との合併によりミラークアーズLLCとなる以前のモルソン・クアーズ・ブリューイング社の最大部門、クアーズブリューイング社(醸造会社)で社長を務めました。 クアーズ入社前は、2004年4月から2005年3月までFパッシェン コンサルティング(コンサルティング会社)とメルカトル インベストメント(非公開株式投資会社)を通じて、独立コンサルタントとして、非公開投資の評価、提案、交渉などを行っていました。 それ以前はナイキ社(デザイナー、フットウェアやアパレル、アクセサリー製品の開発および販売会社)に7年間勤務し、2000年から2004年まで企業副社長/ヨーロッパ、中東、アフリカ担当ジェネラルマネージャーを務めました。 1995年から1997年には、ディズニー・コンシューマー・プロダクツ(ディズニーブランドとして展開される商品の幅を広げるウォルトディズニーカンパニーの事業部門)で財務およびプランニングの副社長として勤務。それ以前は、マッキンゼー・アンド・カンパニーとボストン コンサルティング グループで経営コンサルタントとして8年のキャリアを積んでいます。

5年前に当社の社長兼最高経営責任者に就任して以来、当社の経営やマネジメント、文化についての貴重な見識と独自の理解を持つヴォン・パッシェンは、経営陣とそのビジネス展望を監督する取締役会との極めて重要なパイプ役を担っています。 これまでに培ってきた管理者・経営者としての豊かな経験やホテルおよびレジャー業界全般についての幅広い知識、そして当社での経験を兼ね備えたヴォン・パッシェンは、当社の戦略プラン策定において欠かせない存在となっています。