リーダシップチーム

マーク・R・ヴォンドラシェク

流通、ロイヤリティー、パートナーシップマーケティング担当上席副社長

ヴォンドラシェクは、スターウッドホテル&リゾートワールドワイド株式会社の流通、ロイヤリティー、パートナーシップ担当上席副社長として、スターウッドの中央流通機構、賞に輝くスターウッドのロイヤリティープログラム -Starwood Preferred Guest(SPG)、戦略的グローバルパートナーシップ関係すべてを指揮しています。 2006年から現在の役職にあり、

流通分野では、世界9ケ所のカスタマー コンタクト センターの2,000人のスターウッド従業員を率い、年間4億人近くがアクセスするスターウッドブランドの11ヶ国語のウェブサイトを監督しています。

ヴォンドラシェクは、賞に輝くスターウッドのSPGプログラムの発展に貢献しました。 画期的なブラックアウト(特典除外日)なしのポリシーをはじめ、ヴォンドラシェクの指揮のもと、SPG Flights、週末無料宿泊、ユア24、ライフタイム、ホテル初のi-phoneアプリケーションの導入など、数々の新しいサービスが生まれ、SPGは革新的なホテル ロイヤリティープログラムとして発展してきました。

また、スターウッドの最も重要な戦略的パートナーシップの監督もヴォントラシェクとそのチームが行っています。 これには、SPG会員向けブランド提携カードを含むアメリカンエキスプレスとの提携、SPGが一流アーティストのツアーのスポンサーとなって舞台裏へのアクセスを提供するLive Nation、デルタ航空、コカコーラ、F1ペトロナスとのパートナーシップなどがあります。

現職以前は、スターウッド カスタマー コンタクト センターの合理化とスターウッドのグローバルウェブ戦略の開発を担当していました。 2001年のスターウッド入社以前、ヴォンドラシェクは金融業界においてフィデリティ・インベストメンツおよびケンパー・ファイナンシャル・サービスの運営チームを率いていました。

ヴォンドラシェクはミネソタ州セントトーマス大学から学士号、シカゴのロヨラ大学からMBAを取得しています。