リーダシップチーム

ブライアン・マクギネス

特選ブランド(アロフト、エレメント、フォーポイントバイシェラトン)担当上席副社長

ブライアン・マクギネスは、アロフト、エレメント、フォーポイントバイシェラトンを含むスターウッドの特選ブランド担当の上席副社長です。 コンセプトを絞ったスターウッドのライフスタイルブランドの開発、戦略、クリエイティブディレクション、総合パフォーマンスを統括しています。

マクギネスは、全チームを率い、スターウッドの新ブランドとしては1999年のWホテル登場以来であるアロフトホテル、地球に優しいホテルの草分けとしてスターウッドの環境主義の実践を試み、長期滞在型ホテルのカテゴリーを牽引することが期待されるエレメントホテル、新たに生まれ変わったフォーポイントバイシェラトンの再登場をリードしています。

マクギネスは1997年からスターウッドでそのキャリアをスタートさせました。 シェラトン・ボストンホテル&タワーズでタワーズマネジャーを務めたあと、予約・収益管理責任者に昇格。 さらにホテルマンとしての業績を積んでいくなかで、新しい物件管理技術システムの展開を任され、また、クリエイティブなチームに参加し、スターウッド プリファード ゲスト プログラムを立ち上げて見事成功を収めました。 そしてマーケティング分野で活躍を続けながら、彼はグローバル マーケティング オペレーションズ グループを作り、世界を股にかけてマーケティングプログラムの実行を監督しました。

2002年には、起業家精神あふれる闘志を持ってスターウッドを離職、個人としてケープコッドにある魅力的なB&Bホテルの立て直しを取り仕切りました。 見事B&Bの立て直しに成功した後は、スターウッドのマンハッタンオフィスに復帰。ホテル業界史のなかで最も刺激的なブランドのひとつである、アロフトホテルの立ち上げを指揮するポストに挑戦しました。 2007年には、アロフトとエレメントホテルの全世界での立ち上げをリードするためニューヨーク州ホワイトプレーンズのスターウッド本社に移り、最近になってフォーポイントバイシェラトンも任されています。

マクギネスは7人兄弟の末っ子として、ニューイングランドで育ちました。 彼のサービス業に対する情熱は、小さいころ、カナダやヨーロッパなど毎年家族と行った海外旅行がきっかけで芽生えたといいます。