リーダシップチーム

マイケル・ウェール

ヨーロッパ、アフリカ、中東地域社長

マイケル・ウェールは、スターウッドホテル&リゾートワールドワイド株式会社のヨーロッパ、アフリカ、中東地域社長で、60か国にわたる250超のホテルやリゾートの業務を直接監督しています。 2013年6月に現職に就任し、現在はベルギーのブリュッセルにあるEAME(ヨーロッパ、アフリカ、中東)地域オフィスに勤務。

それ以前には、スターウッドの西ヨーロッパ地域の副社長兼ディレクターを務めていました。 2005年のルメリディアンの買収後、ウェールは世界中のメリディアンをスターウッドのポートフォリオに統合することに成功しました。

1978年、スターウッド初の幹部候補生として当時はITTシェラトンであった、英国のシェラトン・スカイラインホテルロンドンヒースローに入社しました。 その後、英国とアイルランドにおいて客室部門、総支配人、エリアマネージャー、地域運営部門をはじめとする管理職のキャリアを積みました。

リーダー的人材の育成に情熱を持って取り組んでいるウェールは、EAME地域で始まった「ビタフトゥーラ」という大学卒業生のための斬新な教育プログラムを作成し、スターウッドの多くのリーダーのキャリア構築を支援してきました。

英国国籍を持つウェールは、ロンドンのウェストミンスターホテルスクールを卒業し、ホテル管理の高等一級技術検定合格証を取得しています。 妻のトリシアと二人の子供のジョージナとエドワードとともにブリュッセルに在住しています。