ル メリディアンについて

歴史

世界的に知られたル メリディアン ブランドは、ゲストに「わが家のようにくつろげる」空間を提供することを目的に、1972年にエールフランスによって設立されました 最初のル メリディアン ホテルは、1,000室のゲストルームを備えた、パリのル メリディアン エトワールでした。 設立後2年も経たないうちに、グループはヨーロッパとアフリカに10軒のホテルを擁するまでに成長しました。 さらに、最初の6年間でホテルの数は21軒に増え、そのネットワークは、ヨーロッパ、アフリカ、仏領西インド諸島、カナダ、南米、中東、モーリシャスにまで広がりました。 ル メリディアン グループはその後も成長を続け、1991年には合計58のホテルを所有するに至りました。

1994年末、ル メリディアンは、イギリス最大手のフォルテホテルグループによって買収され、そのフォルテは、1996年にグラナダグループによって買収されました。 2000年の夏、フォルテの親会社、グラナダグループは世界的なコントラクト ケータリングの最大手、コンパスグループと合併(翌2001年2月に両企業は分割)し、フォルテホテルグループとその3ブランド(ル メリディアン、ヘリテージ ホテルズ、ポストハウス ホテルズ)が、コンパスグループに譲渡されました。

2001年5月、野村インターナショナルが、ル メリディアン ホテル&リゾートをコンパスグループから19億ポンドで買収したことを発表。これにより、ル メリディアンは、2001年2月に買収されたプリンシパル ホテルズと合併したことになります。 2003年12月 、リーマン ブラザーズ ホールディングスとスターウッドホテル リゾートがル メリディアンの上位債権を買い取り、

2005年11月、ル メリディアン ブランドおよびブランド管理収入事業は、スターウッド ホテル&リゾートによって買収されました。ル メリディアンが賃貸借または所有していた不動産資産は、この合併とは別の案件として、リーマン ブラザーズとスターウッド キャピタル(スターウッド ホテル&リゾートの系列ではない会社)が結成したジョイントベンチャーが購入しました。