LM100 | アンドレア イリー

 

アンドレア・イリーにとって、一杯のエスプレッソは単なる飲み物ではなく、 人生をクリエイティブに生きる方法です。 「エスプレッソはトータルな体験です。 そして、五感を研ぎ澄ますことです。 視覚、嗅覚、味覚、触覚が関連するからです。 つまり、すべてです」とイリー氏は語ります。 国際的な企業であるイリーカフェの会長として、彼は自分を単なる経営者を超えた 科学者であり、哲学者であり、改革者であると言います。

コーヒー文化つまり、カフェ、カップ、およびエスプレッソそのものは、創造的な環境を与えてくれるだけでなく、エスプレッソを淹れ、味わうという行為そのものがクリエイティブなのです。 コーヒーマシンを使うとき、コーヒー豆の香りと豆を挽く音、エスプレッソを好きなカップに注ぐ瞬間、これはイリーにとって「完全なる儀式」です。エスプレッソを飲む行為には、喜びを得ること、創造性を養うこと、そして1つの小さなカップで思索を深めることが含まれます。

美しいカップを使うことも不可欠で、15年前、会社はコンテンポラリーなアーティストとの協力を開始し、カップをカンバスに見立ててさまざまなカップを生み出してきました。 「コーヒーが身体で、カップが衣装です。 だから衣装は美しくなければならない」とイリー氏。 特製の限定版エスプレッソとカプチーノカップのシリーズを開始したイリーズカフェでは、ルイーズ・ブルジョワ、デービッド・バーン、フランシス・フォード・コッポラ、フェデリコ・フェリーニ、ジェフ・クーンズ、マイケル・リン、ナム・ジュン・パイク、ロバート・ラウシェンバーグ、ジェームズ・ローゼンクイスト、その他多くのアーティストの作品を取り入れています。

LM100としてのイリー氏の役割は、コーヒーに関する経験をルメリディアンのお客様にお届けすることです。 母国イタリアでは、「すべての人がカフェに行く、それも日に何度も。 まるで教会に行くように」とイリー氏。 イリー氏の協力により、このカフェ文化はルメリディアンの「コーヒーバー」と「クリエイティブアワー」におけるコーヒーテイスティングを通じて、ルメリディアンホテルに取り入れられています。