文化パートナー

アンロック アート

 

ル メリディアン ダハブ リゾート | 在住アーティスト - バーバラ・モイヤー氏

ドイツに生まれドイツで専門教育を受けた後、1975年より陶芸作家として活動し、2006年ダハブに最初のスタジオを設立。

近年は、ラスター彩と呼ばれる釉薬を減らした低温焼成の陶芸に取り組んでいます。 ラスター彩は、ハールーン・ アッラシードの王宮で金の製造を試みていた錬金術師によって最初に編み出された技法です。 この技法は中東全域に伝播し、エジプトのファーティマ朝時代に高度に洗練されました。

釉薬に銀や銅などの金属を加えることで、シリカを含んだ陶磁器の表面にラスター彩が生み出されます。 炎は窯の内部で多方向に広がるため焼成の過程は大変複雑であり、その結果、器ごとに個性が生まれます。
技法的な難しさに加え、ラスター彩の持つ生き生きとした表現が彼女を魅了しています。

関連リンク: