文化パートナー

アンロック アート

 

ル メリディアン パークホテル フランクフルト | フランクフルト・シルン美術館

フランクフルト・シルン美術館は、ヨーロッパでも有数の名声ある美術館です。 1986年以来、ウィーンのアールヌーボー、表現主義、ダダイスム、シュールレアリスムなどの代表的な芸術運動を概観する展示や、「女性の印象派」や写真の歴史、さらにショッピング、アートと大量消費との関連、スターリン時代の視覚芸術、ナザレ派、今日の美術における新ロマン主義などをテーマとした展示など、180を超える展示を開催してきました。 ワシリー・カンディンスキー、マルク・シャガール、アルベルト・ジャコメッティ、フリーダ・カーロ、ビル・ヴィオラ、アルノルト・シェーンベルク、アンリ・マティス、ジュリアン・シュナベール、ジェームス・リー・バイヤース、イヴ・クライン、カールステン・ニコライなどは回顧展を行ったアーティストの一例です。 マックス・ホライン氏を館長に迎えたシルン美術館では、芸術作品を現代の視点でとらえて簡潔な解説とともに展示し、刺激的な論点や今日的な解釈を提示しています。 さまざまな発見を味わえるシルン美術館は、感性を刺激する美術館本来の体験を提供し、さらに文化的な議論へ積極的に参加できる場の提供も行っていきます。

関連リンク: