閉じる
  • 90日を超えるご滞在については、866-539-3446までお電話でお問い合わせください。
  • ご予約は、ご利用日の550日前からのみの受け付けとなっております。
  • 日付をもう一度確認してください。

ロード中…

写真25枚中1枚目

バリアリーフ

写真25枚中2枚目

ウェストコースト-牧牛

写真25枚中3枚目

カタマランクルージング

写真25枚中4枚目

アメデー灯台

写真25枚中5枚目

ヌメアマリナス

写真25枚中6枚目

ヤテ湖-水没した森林

写真25枚中7枚目

ココナッツスクエア

写真25枚中8枚目

ヴォーのハート-北部

写真25枚中9枚目

パン島-松の木

写真25枚中10枚目

トラディショナルハット

写真25枚中11枚目

スキューバダイビング

写真25枚中12枚目

パン島-ウピ湾

写真25枚中13枚目

アンスヴァータビーチ

写真25枚中14枚目

トラディショナルハット

写真25枚中15枚目

アンスヴァータ

写真25枚中16枚目

ヌメアのマリーナ

写真25枚中17枚目

チバウ文化センター

写真25枚中18枚目

海中の生き物

写真25枚中19枚目

海中の生き物

写真25枚中20枚目

海中の生き物

写真25枚中21枚目

海中の生き物

写真25枚中22枚目

デヴァドメイン-空からの眺め

写真25枚中23枚目

ブーライユ-ボンノムとタートルベイ

写真25枚中24枚目

アンセヴァタとダック島の夕日

写真25枚中25枚目

ウアントロの丘からのヌメアの景色

さまざまな生物が生息するニューカレドニアは、南太平洋の澄み切った海に恵まれたユニークなバケーションスポットです。素晴らしいビーチと保護の行き届いた生態系は、多くの自然愛好家を魅了します。群島とつながった美しいラグーンを囲むサンゴ礁は、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

ニューカレドニアの首都ヌメアは、島の南端に位置します。世界最大のラグーンを形成するヌメアは、青く澄んだトロピカルな海、壮大な山々、どこまでも続く黄金の砂浜、赤いサンゴ礁に囲まれています。

「小さなフランス」とも形容される市街は、南太平洋のゆったりとした雰囲気にフランスの都会的な洗練性が融合しています。フランス植民地時代風の家屋、フランス風のカフェ、デザイナーブランドのショップなどパリの気分を味わえる要素がいっぱいです。それとは対照的に、10分歩くとベイシトロン、アンスバタ、ポートモーゼルの現代建築が目に入り、ヌメアのモダンな一面を垣間見ることができます。

この街を訪れる人々には、博物館や地元文化から年中楽しめるシュノーケリングやウィンドサーフィンまで、数多くの文化体験や娯楽のアクティビティーをご満喫になれます。当リゾートから一歩足を踏み出すと、ゲーム愛好家のお客様は近くのグランドカジノを満喫でき、ランニングがお好きなお客様はカレドニアのランナーたちに人気の有名なピエール・ヴェルニエコースを走ることができます。

第二次世界大戦中にオーストラリア軍が設置した大砲とこの街の湾、入り江、山のパノラマ風景が見所のウアントロへ、暮れ方に徒歩でお出かけください。近くのレモンベイは、手つかずの美しいビーチ、さまざまな美味しい料理を楽しめるレストラン、そしてナイトライフが魅力です。または、タクシーボートに乗ってダック島を訪れて何時間か過ごし、シュノーケリングや日光浴を楽しんだり、わらぶき屋根のファーレの日陰でお飲み物をお召し上がりになるのもお奨め。

ラグーン水族館では、オウムガイ、リン光を発するサンゴ、ベラ、サメなど、神秘的な海洋生物をご堪能になれます。伝説的なキャゴウやルーセットがその他の多くの固有種とともに生息する森林公園では、ニューカレドニアの生態系の多様性をさらに詳しく観察することができます。

島の先住民族であるKanak族についてより深く学びたいお客様は、現代的な視点からKanak族の伝統建築を紹介する高い「ハット(小屋)」が集まるチバウ文化センターへお出かけください。

毎週火曜日から日曜日までは、島の農家や漁師、職人がモ−ゼル湾の朝市に集まり、獲れたての魚から手作りのジュエリーまで、あらゆるものを販売しています。お客様にはここで、個性あふれるお土産品をご購入になれます。