閉じる
  • 90日を超えるご滞在については、866-539-3446までお電話でお問い合わせください。
  • ご予約は、ご利用日の550日前からのみの受け付けとなっております。
  • 日付をもう一度ご確認ください。

カスティロホテル・ソンヴィダの崇高な歴史は、ハイメ1世がパルマシティーの背景にそびえる丘(現在のホテルの所在地)を実り多き土地として宣言した13世紀にさかのぼります。 当ホテルの歴史は、16世紀、マテウ・ビダが中世の城を購入し、現在ホテルのある建物内部を一新したことに始まります。 次にこの城の所有者となった貴族、デスマスとトュルヨルス一族が、城の名前はそのままに、誉れ高き上質なサービス、繊細な料理、深い安らぎの伝統の第一歩を踏み出しました。

20世紀直前、フェルナンド・トュルヨルス・デスプーチは、妻マグダレーナ・ビラロンガへのプレゼントとして、多額な費用を投じてホテル全館の改装を行いました。 このときにできたのが城を一望するヴィラとタワーです。 その後57年を経て、トュルヨルス一族は、私邸ソンヴィダをアーバナイゼシオンソンヴィダの創立者、スティーブ・クルサークに売却。1961年、この城はラグジュアリーホテルとして一般に開放されました。 3年後、ホテルに隣接して島内初のゴルフコース、ゴルフソンヴィダをオープン。

1995年、シュルクフバーグループによって買収されたホテルは、カスティロホテル・ソンヴィダと名称を変え、現在も「世界を代表するホテル」として認定されました。 2005年1月よりホテルを休館して行った改装、改築は、翌2月に完成。 さらに2年後の2007年3月、当ホテルはスターウッドホテル&リゾートのラグジュアリーコレクションの一員となり、世界で群を抜いた個性的なホテル&リゾートとしての地位を維持しています。 今日、輝かしい伝統と歴史を誇るカスティロホテル・ソンヴィダは、世界中の多くの著名なお客様にご利用いただいております。 モナコの王子レニエとグレース・ケリー、アリストテレス・オナシス、マリア・カラス、アンソニー・クイン、ペドロ・アルモドバル、クラウディア・シファーをはじめとする多くの政治家やセレブリティーの皆様が、マヨルカを訪れる際に、当ホテル、カスティロホテル・ソンヴィダをご利用くださいました。