クリエィティブな世界観をご体験ください

「カルチャー」に戻る

フォローミー

世界各地100箇所以上に及ぶルメリディアンホテルの全ロケーションに焦点を当て、一日の移り変わりを芸術的に捉えた24時間のビジュアルジャーニー「フォローミー」。そのビジュアルファインダーを通して、アートの旅にお出かけください。

国と大陸を超えて5人のアーティストが命を吹き込む魅惑の旅をフォローしませんか? ジータ・オゾリーナ、オン・ハルパーン、ルーシー・ロビンソン、ナッタ・サマーキー、チュティマ・トレーアラヤポンのレンズを通して、シックなスタイル、時を超越したロマンスをご堪能いただけます。

「旅の黄金時代」、「50年代と60年代のシネマ」、「ルージュ」のテーマからインスピレーションを得た、それぞれのアーティストのクリエィティブな世界観をご体験ください。

ルーシー・ロビンソン

「ルージュは人生と愛を映し出します。カメラが赤を捉えるとき、その赤に動きと輝きをもたせるようにしています。」 ルーシー・ロビンソン

ルーシーは、独自のシックなレンズ観を通して、ヴィンテージカーや上空から見た赤い屋根から、モノクロの都会の街角を背景にした鮮やかな傘にいたるまで、旅のロマンスを見事に捉えています。

ルーシーは、受賞歴のあるモデルと写真家としてのキャリアを築き上げる前はジュエリーとデザインを学びました。2008年には、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツアンドデザインにてファッションと建築に関する個展を開催しています。

ルーシー・ロビンソン

「ルージュは人生と愛を映し出します。カメラが赤を捉えるとき、その赤に動きと輝きをもたせるようにしています。」 ルーシー・ロビンソン

ルーシーは、独自のシックなレンズ観を通して、ヴィンテージカーや上空から見た赤い屋根から、モノクロの都会の街角を背景にした鮮やかな傘にいたるまで、旅のロマンスを見事に捉えています。

ルーシーは、受賞歴のあるモデルと写真家としてのキャリアを築き上げる前はジュエリーとデザインを学びました。2008年には、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツアンドデザインにてファッションと建築に関する個展を開催しています。

ルーシー・ロビンソン

「ルージュは人生と愛を映し出します。カメラが赤を捉えるとき、その赤に動きと輝きをもたせるようにしています。」 ルーシー・ロビンソン

ルーシーは、独自のシックなレンズ観を通して、ヴィンテージカーや上空から見た赤い屋根から、モノクロの都会の街角を背景にした鮮やかな傘にいたるまで、旅のロマンスを見事に捉えています。

ルーシーは、受賞歴のあるモデルと写真家としてのキャリアを築き上げる前はジュエリーとデザインを学びました。2008年には、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツアンドデザインにてファッションと建築に関する個展を開催しています。

ルーシー・ロビンソン

「ルージュは人生と愛を映し出します。カメラが赤を捉えるとき、その赤に動きと輝きをもたせるようにしています。」 ルーシー・ロビンソン

ルーシーは、独自のシックなレンズ観を通して、ヴィンテージカーや上空から見た赤い屋根から、モノクロの都会の街角を背景にした鮮やかな傘にいたるまで、旅のロマンスを見事に捉えています。

ルーシーは、受賞歴のあるモデルと写真家としてのキャリアを築き上げる前はジュエリーとデザインを学びました。2008年には、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツアンドデザインにてファッションと建築に関する個展を開催しています。

ルーシー・ロビンソン

「ルージュは人生と愛を映し出します。カメラが赤を捉えるとき、その赤に動きと輝きをもたせるようにしています。」 ルーシー・ロビンソン

ルーシーは、独自のシックなレンズ観を通して、ヴィンテージカーや上空から見た赤い屋根から、モノクロの都会の街角を背景にした鮮やかな傘にいたるまで、旅のロマンスを見事に捉えています。

ルーシーは、受賞歴のあるモデルと写真家としてのキャリアを築き上げる前はジュエリーとデザインを学びました。2008年には、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツアンドデザインにてファッションと建築に関する個展を開催しています。

ルーシー・ロビンソン

「ルージュは人生と愛を映し出します。カメラが赤を捉えるとき、その赤に動きと輝きをもたせるようにしています。」 ルーシー・ロビンソン

ルーシーは、独自のシックなレンズ観を通して、ヴィンテージカーや上空から見た赤い屋根から、モノクロの都会の街角を背景にした鮮やかな傘にいたるまで、旅のロマンスを見事に捉えています。

ルーシーは、受賞歴のあるモデルと写真家としてのキャリアを築き上げる前はジュエリーとデザインを学びました。2008年には、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツアンドデザインにてファッションと建築に関する個展を開催しています。

ルーシー・ロビンソン

「ルージュは人生と愛を映し出します。カメラが赤を捉えるとき、その赤に動きと輝きをもたせるようにしています。」 ルーシー・ロビンソン

ルーシーは、独自のシックなレンズ観を通して、ヴィンテージカーや上空から見た赤い屋根から、モノクロの都会の街角を背景にした鮮やかな傘にいたるまで、旅のロマンスを見事に捉えています。

ルーシーは、受賞歴のあるモデルと写真家としてのキャリアを築き上げる前はジュエリーとデザインを学びました。2008年には、ニューヨークのミュージアム・オブ・アーツアンドデザインにてファッションと建築に関する個展を開催しています。

ジータ・オゾリーナ

「私の写真は、現代の旅行者たちの目を通して見た世界、旅がもたらす感動、感情、喜びを表現しています」 ジータ・オゾリーナ

ジータは、レトロなシネマの独特の郷愁のレンズを通して、韓国の江南地区からパリのおしゃれな街角にいたるまで、世界の旅先の現代的な魅力を対比させた作品を完成させています。

2017年にジータはオフィスを去り、手荷物一つで旅をしながらブログを書くという念願の夢を実現しました。

ジータ・オゾリーナ

「私の写真は現代の旅行者たちの目を通して見た世界、旅がもたらす感動、感情、喜びを表現しています」 ジータ・オゾリーナ

ジータは、レトロなシネマの独特の郷愁のレンズを通して、韓国の江南地区からパリのおしゃれな街角にいたるまで、世界の旅先の現代的な魅力を対比させた作品を完成させています。

2017年にジータはオフィスを去り、手荷物一つで旅をしながらブログを書くという念願の夢を実現しました。

ジータ・オゾリーナ

「私の写真は現代の旅行者たちの目を通して見た世界、旅がもたらす感動、感情、喜びを表現しています」 ジータ・オゾリーナ

ジータは、レトロなシネマの独特の郷愁のレンズを通して、韓国の江南地区からパリのおしゃれな街角にいたるまで、世界の旅先の現代的な魅力を対比させた作品を完成させています。

2017年にジータはオフィスを去り、手荷物一つで旅をしながらブログを書くという念願の夢を実現しました。

ジータ・オゾリーナ

「私の写真は現代の旅行者たちの目を通して見た世界、旅がもたらす感動、感情、喜びを表現しています」 ジータ・オゾリーナ

ジータは、レトロなシネマの独特の郷愁のレンズを通して、韓国の江南地区からパリのおしゃれな街角にいたるまで、世界の旅先の現代的な魅力を対比させた作品を完成させています。

2017年にジータはオフィスを去り、手荷物一つで旅をしながらブログを書くという念願の夢を実現しました。

ジータ・オゾリーナ

「私の写真は現代の旅行者たちの目を通して見た世界、旅がもたらす感動、感情、喜びを表現しています」 ジータ・オゾリーナ

ジータは、レトロなシネマの独特の郷愁のレンズを通して、韓国の江南地区からパリのおしゃれな街角にいたるまで、世界の旅先の現代的な魅力を対比させた作品を完成させています。

2017年にジータはオフィスを去り、手荷物一つで旅をしながらブログを書くという念願の夢を実現しました。

ジータ・オゾリーナ

「私の写真は現代の旅行者たちの目を通して見た世界、旅がもたらす感動、感情、喜びを表現しています」 ジータ・オゾリーナ

ジータは、レトロなシネマの独特の郷愁のレンズを通して、韓国の江南地区からパリのおしゃれな街角にいたるまで、世界の旅先の現代的な魅力を対比させた作品を完成させています。

2017年にジータはオフィスを去り、手荷物一つで旅をしながらブログを書くという念願の夢を実現しました。

ジータ・オゾリーナ

「私の写真は現代の旅行者たちの目を通して見た世界、旅がもたらす感動、感情、喜びを表現しています」 ジータ・オゾリーナ

ジータは、レトロなシネマの独特の郷愁のレンズを通して、韓国の江南地区からパリのおしゃれな街角にいたるまで、世界の旅先の現代的な魅力を対比させた作品を完成させています。

2017年にジータはオフィスを去り、手荷物一つで旅をしながらブログを書くという念願の夢を実現しました。

チュティマ・トレーアラヤポン

「どの大陸にも時代に左右されない独自のシックさと魅力があると私は思います。これらを映し出すことこそが写真家のビジョンであり、課題だと思っています」 チュティマ・トレーアラヤポン

チュティマは、タイ、インド、オマーン、アメリカ、多くのヨーロッパ諸国を旅した自身の経験から、旅先にとらわれない世紀半ばの魅力とヨーロッパのルーツを捉えるアイデアにインスピレーションを得ています。

デザインスクールを卒業後、チュティマは自らの情熱はレンズを通した世界にあることを発見します。これまで多くのライフスタイルブランドやトラベルブランドに作品を提供してきました。

チュティマ・トレーアラヤポン

「どの大陸にも時代に左右されない独自のシックさと魅力があると私は思います。これらを映し出すことこそが写真家のビジョンであり、課題だと思っています」 チュティマ・トレーアラヤポン

チュティマは、タイ、インド、オマーン、アメリカ、多くのヨーロッパ諸国を旅した自身の経験から、旅先にとらわれない世紀半ばの魅力とヨーロッパのルーツを捉えるアイデアにインスピレーションを得ています。

デザインスクールを卒業後、チュティマは自らの情熱はレンズを通した世界にあることを発見します。これまで多くのライフスタイルブランドやトラベルブランドに作品を提供してきました。

チュティマ・トレーアラヤポン

「どの大陸にも時代に左右されない独自のシックさと魅力があると私は思います。これらを映し出すことこそが写真家のビジョンであり、課題だと思っています」 チュティマ・トレーアラヤポン

チュティマは、タイ、インド、オマーン、アメリカ、多くのヨーロッパ諸国を旅した自身の経験から、旅先にとらわれない世紀半ばの魅力とヨーロッパのルーツを捉えるアイデアにインスピレーションを得ています。

デザインスクールを卒業後、チュティマは自らの情熱はレンズを通した世界にあることを発見します。これまで多くのライフスタイルブランドやトラベルブランドに作品を提供してきました。

チュティマ・トレーアラヤポン

「どの大陸にも時代に左右されない独自のシックさと魅力があると私は思います。これらを映し出すことこそが写真家のビジョンであり、課題だと思っています」 チュティマ・トレーアラヤポン

チュティマは、タイ、インド、オマーン、アメリカ、多くのヨーロッパ諸国を旅した自身の経験から、旅先にとらわれない世紀半ばの魅力とヨーロッパのルーツを捉えるアイデアにインスピレーションを得ています。

デザインスクールを卒業後、チュティマは自らの情熱はレンズを通した世界にあることを発見します。これまで多くのライフスタイルブランドやトラベルブランドに作品を提供してきました。

チュティマ・トレーアラヤポン

「どの大陸にも時代に左右されない独自のシックさと魅力があると私は思います。これらを映し出すことこそが写真家のビジョンであり、課題だと思っています」 チュティマ・トレーアラヤポン

チュティマは、タイ、インド、オマーン、アメリカ、多くのヨーロッパ諸国を旅した自身の経験から、旅先にとらわれない世紀半ばの魅力とヨーロッパのルーツを捉えるアイデアにインスピレーションを得ています。

デザインスクールを卒業後、チュティマは自らの情熱はレンズを通した世界にあることを発見します。これまで多くのライフスタイルブランドやトラベルブランドに作品を提供してきました。

チュティマ・トレーアラヤポン

「どの大陸にも時代に左右されない独自のシックさと魅力があると私は思います。これらを映し出すことこそが写真家のビジョンであり、課題だと思っています」 チュティマ・トレーアラヤポン

チュティマは、タイ、インド、オマーン、アメリカ、多くのヨーロッパ諸国を旅した自身の経験から、旅先にとらわれない世紀半ばの魅力とヨーロッパのルーツを捉えるアイデアにインスピレーションを得ています。

デザインスクールを卒業後、チュティマは自らの情熱はレンズを通した世界にあることを発見します。これまで多くのライフスタイルブランドやトラベルブランドに作品を提供してきました。

チュティマ・トレーアラヤポン

「どの大陸にも時代に左右されない独自のシックさと魅力があると私は思います。これらを映し出すことこそが写真家のビジョンであり、課題だと思っています」 チュティマ・トレーアラヤポン

チュティマは、タイ、インド、オマーン、アメリカ、多くのヨーロッパ諸国を旅した自身の経験から、旅先にとらわれない世紀半ばの魅力とヨーロッパのルーツを捉えるアイデアにインスピレーションを得ています。

デザインスクールを卒業後、チュティマは自らの情熱はレンズを通した世界にあることを発見します。これまで多くのライフスタイルブランドやトラベルブランドに作品を提供してきました。

オン・ハルパーン

「聞くことと観察することがすべてです。私たちが目にするビジュアルイメージはどれもが物理的に解釈されたエネルギーなのです」 オン・ハルパーン

オンはヨーロッパの旅の黄金時代を彷彿させる瞬間を求め、ヴィンテージのビーチカルチャー、国際色豊かな夏、地中海沿岸をドライブしたスナップショットを作品にしました。

バルセロナをベースに活動するオンは、プロのビデオグラファー、クリエィティブディレクター、写真家であり、何か国もの多数のファッション、ライフスタイル、トラベルブランドに作品を提供してきました。

オン・ハルパーン

「聞くことと観察することがすべてです。私たちが目にするビジュアルイメージはどれもが物理的に解釈されたエネルギーなのです」 オン・ハルパーン

オンはヨーロッパの旅の黄金時代を彷彿させる瞬間を求め、ヴィンテージのビーチカルチャー、国際色豊かな夏、地中海沿岸をドライブしたスナップショットを作品にしました。

バルセロナをベースに活動するオンは、プロのビデオグラファー、クリエィティブディレクター、写真家であり、何か国もの多数のファッション、ライフスタイル、トラベルブランドに作品を提供してきました。

オン・ハルパーン

「聞くことと観察することがすべてです。私たちが目にするビジュアルイメージはどれもが物理的に解釈されたエネルギーなのです」 オン・ハルパーン

オンはヨーロッパの旅の黄金時代を彷彿させる瞬間を求め、ヴィンテージのビーチカルチャー、国際色豊かな夏、地中海沿岸をドライブしたスナップショットを作品にしました。

バルセロナをベースに活動するオンは、プロのビデオグラファー、クリエィティブディレクター、写真家であり、何か国もの多数のファッション、ライフスタイル、トラベルブランドに作品を提供してきました。

オン・ハルパーン

「聞くことと観察することがすべてです。私たちが目にするビジュアルイメージはどれもが物理的に解釈されたエネルギーなのです」 オン・ハルパーン

オンはヨーロッパの旅の黄金時代を彷彿させる瞬間を求め、ヴィンテージのビーチカルチャー、国際色豊かな夏、地中海沿岸をドライブしたスナップショットを作品にしました。

バルセロナをベースに活動するオンは、プロのビデオグラファー、クリエィティブディレクター、写真家であり、何か国もの多数のファッション、ライフスタイル、トラベルブランドに作品を提供してきました。

オン・ハルパーン

「聞くことと観察することがすべてです。私たちが目にするビジュアルイメージはどれもが物理的に解釈されたエネルギーなのです」 オン・ハルパーン

オンはヨーロッパの旅の黄金時代を彷彿させる瞬間を求め、ヴィンテージのビーチカルチャー、国際色豊かな夏、地中海沿岸をドライブしたスナップショットを作品にしました。

バルセロナをベースに活動するオンは、プロのビデオグラファー、クリエィティブディレクター、写真家であり、何か国もの多数のファッション、ライフスタイル、トラベルブランドに作品を提供してきました。

オン・ハルパーン

「聞くことと観察することがすべてです。私たちが目にするビジュアルイメージはどれもが物理的に解釈されたエネルギーなのです」 オン・ハルパーン

オンはヨーロッパの旅の黄金時代を彷彿させる瞬間を求め、ヴィンテージのビーチカルチャー、国際色豊かな夏、地中海沿岸をドライブしたスナップショットを作品にしました。

バルセロナをベースに活動するオンは、プロのビデオグラファー、クリエィティブディレクター、写真家であり、何か国もの多数のファッション、ライフスタイル、トラベルブランドに作品を提供してきました。

オン・ハルパーン

「聞くことと観察することがすべてです。私たちが目にするビジュアルイメージはどれもが物理的に解釈されたエネルギーなのです」 オン・ハルパーン

オンはヨーロッパの旅の黄金時代を彷彿させる瞬間を求め、ヴィンテージのビーチカルチャー、国際色豊かな夏、地中海沿岸をドライブしたスナップショットを作品にしました。

バルセロナをベースに活動するオンは、プロのビデオグラファー、クリエィティブディレクター、写真家であり、何か国もの多数のファッション、ライフスタイル、トラベルブランドに作品を提供してきました。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。

ナッタ・サマーキー

「私のストーリーでは、ルージュという色がすべてのエレメントをさりげなくつなげる、官能的で遊び心にあふれる雰囲気を演出しています」 ナッタ・サマーキー

「捉えどころのない主人公が街をさまよいながら、日常と非日常の両方の状況に遭遇する中でモダンなひねりを加えた世界を表現するという物語です。この主人公が誰なのかは最後までわからない、続きがもっと見たくなる作品です」

ウクライナのキエフ出身のナッタ・サマーキーは、これまで42か国を旅した経験をもつ(そして今後も旅を続ける)カナダのライフスタイルフォトグラファーとして有名です。