文化パートナー

アンロック アート

 

ル メリディアン ニース | MAMAC

当美術館のアートプログラムでは、ヨーロッパの新写実主義とアート オブ アセンブリングおよびポップアートに対するアメリカ的傾向の関係性を主な題材とするプログラムを提供しています。

この対比により、2つの芸術運動の歴史的な関係を証明していきます。 当美術館のコレクションは、パリのマニフェストからイタリアで1970年に開催されたアセスメント エキシビションまで、その存在を解説する新写実主義の作品に力を入れています。 ニューヨークのポップアーティストの作品を多数揃えています。

重要な時代である60年代を題材にした当美術館を象徴するイメージとして、卓越したコレクションを誇るイヴ・クラインのギャラリーより寄贈された、20の主要作品を展示しています。ロトラウト・クラインとダニエル・モカイにより長期展示のために提供されたものです。 アメリカの抽象表現主義を象徴するペインタリー アブストラクションはケネス・ノーランド、ジュールズ・オリツキー、ラリー・プーンズ、モリス・ルイス、フランク・ステラなどの作品を展示。ミニマリズムはソル・ルウィット、リチャード・セラの作品と、アメリカの秘蔵のエルスワース・ケリーの絵画を揃えています。 また、コレクションの全作品をとおして、以下に挙げる芸術活動の発展も展示しています。 クロード・ヴィアラの企画、ベルナール・パジェス、ノエル・ドラ、ルイス・カーン、ヴァンサン・ビウレスの協力によるフランスのシュポール / シュルファスおよびその分野。 ダニエル・ドゥズーズ゙、マルク・ディヴェードの作品も展示されています。 シュポール / シュルファスの後継者として70グループが活動を続けています。 シモン・ハンタイ、オリヴィエ・モセ、マルティン・バレはフランス抽象主義の一派です。 フィギュラシオンは80年代アーティストにとって最大の焦点。 ドイツのフォービスム、イタリアのアヴァンギャルドのアーティストと共に、フィギュラシオン リーブルのアーティストは故意に風刺的でナイーブな題材、コミック、グラフィティー、スローガンに取り組んでいます。

関連リンク: